(2017年度インドネシア文化・芸術奨学金プログラム)のご案内

9

過去13年間に渡り、インドネシア共和国外務省はインドネシアの文化・芸術を促進する
ために、インドネシア芸術を専攻とし、インドネシアで修学を希望される方々を対象に、
インドネシア文化・芸術奨学金プログラム「INDONESIAN ARTS AND CULTURE SCHOLARSHIP PROGRAM」
(通称:BSBIプログラム)を実施してまいりました。
今年で14回目になる本プログラムの実施に伴い、2017年度も奨学生を募集することとなりました。
この度、在大阪インドネシア共和国総領事館が同プログラムの実施に合わせまして、
募集のご案内をさせていただきたいと存じます。
つきましては、別紙のとおり、同プログラムの募集要項・関係書類などを別紙のとおり記載されていますので、
ご高覧の上、貴殿をはじめ、ご関係先の皆様にも広くご案内して頂きたくここにお願い申し上げます。
2017年度インドネシア文化・芸術奨学金(BSBIプログラム)
外国人奨学生募集のご案内

1. プログラムの種類について
① 開催期間 :2017年5月6日 ~ 8月19日(14週間)
② 内 容 :
 日常のインドネシア語会話の修学
 多様なインドネシアの民族の文化の修学
 インドネシアの歴史の修学
 インドネシアの映画の紹介
 各国の参加者との交流のためのアウトボンドトレーニング
 インドネシアの各地方にある芸術・舞踊教室での修学(東ジャワ州・スラバヤ市、バリ州デンパサール市、西スマトラ州パダン市、南スラウェシ州・
マカッサル市)
 インドネシアでの各文化イベントへの参加

2. 奨学金給付内容
インドネシア共和国政府による全額支給
① 修学料
② 交通費
・日本~インドネシア間の往復の航空券(エコノミークラス)
・インドネシア国内プログラム中の移動【各自の自由行動を除く】
③ 宿泊及び地方修学期間中の宿泊施設代
④ 保険料(一部)※【参加者自身で海外旅行保険のご加入もお勧めします。】
⑤ 毎月のお小遣い(1,500,000ルピア)【X3ヶ月分給付】

3. 入国ビザについて
インドネシアへ入国する際に、在大阪インドネシア共和国総領事館が発行する「Visa Kunjungan Sosial Budaya/VKSB」
(社会文化ビザ)で一旦入国し、インドネシア国内で参加期間中に滞在ビザに切り替えます。
観光ビザ(Visa Turis)又は到着ビザ(On-Arrival Visa)による一旦入国は不可です。

4. 申請資格要件
① 申請者は独身である方。
② プログラム開始時に(2017年5月6日をもって)に21歳以上、30歳以下の方
③ インドネシアの芸術・文化の基礎知識がある方
④ プログラム全日程を参加する誓約書を署名できる方
⑤ 健康な方(※女性の方はプログラム参加中に妊娠しないこと)
⑥ 英語の基礎知識がある方

5. 申請に必要な書類について
① 申請者ご自身で、本プログラムを参加する理由・興味に関し作文A4一枚以上を作成する。
別紙申請書を記入する。【1部原本+1部コピー】
③ 証明写真(4×6 cm)【4枚】カラー(白黒不可)
④ パスポートのコピー(顔写真の映っているページのみ、申請時に残存期間2年以上)【2部】
⑤ 最終大学の卒業証明書【1部原本+1部コピー】
健康診断書【1部原本+1部コピー】
⑦ 現在所属する機関からの推薦状【1部原本+1部コピー】
英文履歴書【1部原本+1部コピー】
誓約書【2部原本】
【*】 インドネシアへ出発する前にインドネシア共和国在外公館(大使館又は総領事館)にて誓約書に署名すること。
(英文誓約書 “Personal Statement”別紙参照)

※①②、⑤ ~ ⑨ までは全て英文にて

6. 必要書類を同封して、先ず書類選考の為、2017年2月8日(水)までに、
以下の住所までご送付ください。


〒530-0005
大阪市北区中之島6丁目2番40号 中之島インテスビル22階
在大阪インドネシア共和国総領事館
社会文化教育部 宛

7. 書類選考が合格される方のみ、2017年2月13日(月)に当領事館で面接試験を行います。
時間帯は未定ですが、当日の他のご用事はお控えください。

8. お問合せ:
本プログラムに関するお問い合わせは、当領事館の社会文化教育部:
Tel. 06-6449-9889までお問い合わせください。【お電話のみとなります。】

This entry was posted in Nusantara, ご案内. Bookmark the permalink.