2017/2018年度ダルマシスワ(DARMASISWA)奨学金外国人奨学生募集のご案内

9

さて、この度インドネシア共和国教育文化省が2017/2018年度に於けるダルマシスワ(Darmasiswa)奨学金制度を設置致しました。例年と同様にインドネシア語もしくはインドネシアの文化・芸術を専攻とし、インドネシアで修学・留学希望される方々を対象とします。
 ダルマシスワプログラムはインドネシア語及びインドネシア文化そのものを世界に広める目的とし、また、従来インドネシア人のための外国政府からの奨学金制度に対する相互利益プログラムとして行われてきました。
 ダルマシスワは学位を目的としないプログラムであり、プログラムの参加期間中に、就職、研究及び政治活動は固く禁じられています。
つきましては募集要項を以下の通りご案内申し上げます。

1. プログラムの種類について
1 Year Regular Course(11ヶ月コース)
インドネシアの当該する大学でインドネシア語もしくはインドネシアの文化・芸術を専攻とし、約11ヶ月間の修学・留学希望される方々を募集します。

2. 2017年度の受け入れ大学
本年度はインドネシア全国の59校の大学が受け入れる予定です。(以下URLをご参照)
darmasiswa.kemdikbud.go.id/list-of-darmasiswa-university

3. 参加要領
① 2016年12月20日 募集開始
② 2017年2月9日 募集終了(書類選考・審査)
③ 2017年2月17日 当領事館での面接試験(書類選考合格者のみ)
④ 2017年4月中旬 合格発表及び参加続行の再確認(教育文化省審査により)予定
⑤ 2017年8月上旬 当領事館での事前出発の説明会
⑥ 2017年8月下旬 インドネシアに到着予定・オリエンテーション開始予定
⑦ 2017年9月~ 授業開始日

4. 入国ビザについて
インドネシアへ入国する際に、インドネシアの在外公館(大使館又は総領事館)が発行する「Visa Kunjungan Sosial Budaya/VKSB」(社会文化ビザ)にて一旦入国し、インドネシア国内で参加期間中に滞在ビザに切り替えます。観光ビザ(Visa Turis)又は到着ビザ(On-Arrival Visa)による一旦入国は不可です。

5. 奨学金について
・1区分(ジャカルタ・バンドン・スラバヤ・デンパサール・マカッサル・マナド)
2,850,000ルピア
・2区(アチェー・パダン・パレンバン・プルヲケルト・スマラン・ジョグジャカルタ・
スラカルタ・マラン・サマリンダ)
2,450,000ルピア
上記の奨学金のみでインドネシアで生活するためには不十分ですので、ルピアに替えられる米ドルも別途常にご自分で所持するようお勧めします。

6. 応募資格要件
① 現在学生の方(応募時に高等学校卒業以上の学歴を有する方)
② プログラム開始時(2017年9月1日時点)に、17歳以上、35歳以下の方
③ 独身の方
④ 健康な方
⑤ 英語とインドネシア語の基礎知識がある方
⑥ 選択した専攻の基礎知識がある方

7. 申請に必要な書類について【必須】全て英文にて
経歴書
健康診断書
③ パスポートのコピー(顔写真の映っているページのみ、2017年8月末入国時点で、残存有効期限は18ヵ月以上)【注意:A4用紙にてPDFスキャンコピーして下さい】
④ 現在所属する大学/学校からの推薦状
⑤ 最終学校の学業成績証明書
⑥ 英語又は他の外国語の認定書(有利)
⑦ その他の証明書・認定書など(有利)
⑧ インドネシア語のエッセイを書く(最少500ワード/単語)

8. 応募方法別
本年度から、すべて英語で行い、インターネットONLINE申請となりますので、申請方法の詳細はここをクリックしてください。

9. 交通費の負担について
① インドネシア共和国教育文化省の負担:
 ジャカルタから所属大学までの片道の国内交通費【初日のジャカルタでのオリエンテーションを参加される方のみ】
② 参加者の負担:
 日本からインドネシア(ジャカルタ)間の往復の航空券
 参加終了後の所属大学からジャカルタまでの片道の国内交通費

10. 健康保険について
ダルマシスワのプログラムの参加者には保険を掛けられませんので、参加者自身で保険にご加入下さい。

11. お問合せ:
本プログラムに関するお問い合わせは、当領事館の社会文化教育部(06-6449-9889)までお問い合わせください。【お電話のみのご対応】。

This entry was posted in Nusantara, ご案内. Bookmark the permalink.