(Bahasa) バティック講演会「グローバル化の中のバティック〜インドネシアの無形文化遺産の未来」

1. FOTO PENGUMUMAN

各位

 拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は当領事館の業務に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、下記のとおり「インドネシアの伝統布・バティック」の講演会を開催委達しますこと、ここにご案内申し上げます。本講演会では2人の専門家を招き、グローバル化する世界の中で大きく変容しつつあるバティックの現状を紹介し、その未来について考えます。
 
 本講演会は皆様にとって絶好の機会ですので、ご多忙中恐縮ではございますが、是非ご出席を賜りますようお願い申し上げます。

 先ずは、書中にてご案内申し上げます。

日時 :平成28年4月10(日)、午後1時~3時30分まで(受付:12時30分より開始)
場所 :国立民族博物館
  http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
講演者:
➀インドネシア国立ガジャマダ大学 世界遺産保護センター研究員・助教授
  Dr. Laretna Adishakti 氏(ラレトナ・アディサクティ博士)
  題名:「自然藍色のバティック」(仮)

➁国立民族学博物館名誉教授
  吉本 忍 氏
  題名:「ジャワ更紗の今と昔」

定員 :100名(先着順 定員になり次第締め切ります)

主催 :在大阪インドネシア共和国総領事館

共催 :国立民族学博物館(予定)

参加費  :無料(返信用紙をご記入下さい)
【注】自然文化園を通行される場合は入園料(大人250円、小・中学生70円)が必要です。
大阪モノレール「公園東口駅」、バス停「日本庭園前」からは無料で来館することができます。
お問合せ:社会文化教育部 ウィナルディ/テディ(Tel. 06-6449-9889)

なお、詳細は別紙添付のとおり「ご案内」と「返信用紙」をご覧ください。

1. undangan mimpaku

2. undangan mimpaku

This entry was posted in Nusantara, ご案内. Bookmark the permalink.