インドネシアチーム「わかやまサイクリングフィエスタ2018年」に参加する

9

サレーフーシン元工業大臣が率いるインドネシアチームは3月25日に行われた「わかやまサイクリングフィエスタ2018年」に参加した。元大臣他、事業家や芸能人ら40人のインドネシア人が参加した。天候に恵まれた当日、和歌山の涼しい風は暖かく感じられ、インドネシアチームの参加者の明るさが63キロのコースに滑らかにあふれた。
インドネシアにとって「わかやまサイクリングフィエスタ2018年」は二回目の参加となったが、今年は日本インドネシア国交樹立60周年を記念する関連イベントとして行われた特別なイベントとなった。
インドネシアのチームはトバ湖やコモド島が描かれたシャツを着用してインドネシアの観光もアピールした。また竹でできた自転車を和歌山県企画部長高瀬一郎氏に記念品として進呈した。サイクリングイベントの他、仁坂 吉伸知事主催の懇親会に出席し、アンクルン演奏で会場を盛り上げた。

a (4) a (5) a (3) a (2) a (1)

image1

image2

image4

カテゴリー: ニュース パーマリンク