在大阪インドネシア共和国総領事館は第15回シーフードショ―大阪に参加

8

2018年2月21日から二日間在大阪インドネシア共和国総領事館は第15回シーフードショ―大阪に参加した。当館のブースでインドネシアの東ジャワ州から来日したギオファニ・スクセス・ジャヤ・マクムル社とスモンゴ・ジョヨ社がインドネシア産の冷凍カツオ、生鮮真空パック入りの冷凍マヒマヒ(シイラ)、冷凍タイの切り身、冷凍タコ、マグロのクッキー、アンチョビのサンバル、淡水魚の皮のせんべいを紹介し、ビジネス商談会が行われた。展示会中インドネシアからの水産物の輸入を希望する日本企業が多数ブースを訪れた。今年の展示会の出展社数は264社、来場者数は15,876人、と昨年より増加した。

IMG_2135(1)
DSCN6136
DSCN6134
DSCN6128
2018-SeafoodShow1
3
1

カテゴリー: ニュース パーマリンク