香川県企業にとって、インドネシアは魅力の市場・投資先

2

高松市で「インドネシア共和国 -市場・投資先としての魅力-」をテーマにしたセミナーを2015年2月27日に開催しました。
本セミナーでは日系企業の現地進出動向、市場・投資先としてのインドネシアの魅力と構造的課題などについて、最新統計をもとにはジェトロ・ジャカルタ所員藤江秀樹氏が解説したほか、インドネシア市場に参入するためには、低価格だけでなく、現地の特性に合った商品開発が重要であることを指摘しました。また、自動車用ゴム部品製造・販売を手掛ける丸合ゴム工業株式会社の海外事業部次長野崎雅彦氏が現地法人を設立した際の体験談を演出しました。
在大阪インドネシア総領事館・ウィスヌ総領事はジョコ・ウィドド大統領が経済外交を通じて5年間計画で24港を整備し、インフラ開発を促進することなどのビジネスのしやすい環境を作ると共に、海洋国家を再興するほか、年間6-7%の経済成長を目標としていると、挨拶しました。
セミナー後には、希望者が、ジェトロ教師と個別に商談することもでき、3社までの限定サービスを設けられ、充実したセミナーとなりました。

This entry was posted in ニュース. Bookmark the permalink.