海洋開発連携強化へ向けて、高知県知事への表敬訪問

22

海路を全面開発する「世界の海洋構想国家」を目指すインドネシアの新政権の目標を実現させるための努力の一環として、在大阪インドネシア共和国総領事は2月23日(月)から25日(水)までの期間に高知県を訪問し、尾崎高知県知事そして岡崎高知市長への表敬訪問を執り行った。その折に、総領事は海洋開発、食料維持や東インドネシアの開発であるインドネシアの新政権の目標を説明した。開発に関して高知県・市と連携できる機会やインドネシアへの経済ミッション派遣について意見を交わした。

また、インドネシアでの造船の協力及び投資と、インドネシアが必要とする船を日本から購入することに関して、新高知重工株式会社と馬詰株式会社という造船会社を訪問した。

海洋を開発するインドネシアの人材育成に対する事業連携や、SUIJI(日本・インドネシア6大学イニシアチブ)の枠の中で東インドネシアにある大学とも連携を結び、より幅広く教育交流を実現させるために高知大学を訪問し、脇口学長と大学の幹部の方々とも意見交換を行った。

47人のインドネシア人実習生が働く高知県室戸市にある高知県外国人漁業研修センターを訪問し、面会を行った。更に、同県内でインドネシアの事を紹介していただくための様々な事業について意見交換するために、総領事は同県内に在住するインドネシア人留学生とも面会した。

高知県内の最後の訪問先として、インドネシアに進出する日系企業へ機械や部品を輸出しており、今後、自身が直接インドネシアへ進出する栄光工業株式会社へも工場視察を行い、同社の社長との意見交換も行った。

kochi (10)

kochi (9)

kochi (8)

kochi (7)

kochi (6)

kochi (3)

kochi (1)

This entry was posted in ニュース. Bookmark the permalink.